婦人科

診療内容

方針イメージ

女性医師の外来日ができましたので、お気軽にご相談ください。

生理のトラブル
生理痛がひどい(月経困難症)、
生理の出血が多い、または少ないことが心配、
生理の周期が一定しない(生理不順)、
生理の期間が長いなど、
ご心配があればご相談ください。
子宮や卵巣に病気があることがわかり、治療を早く始める方がよいこともあります。
また、生理以外の性器出血(不正出血)がある方は、世代を問わず、早く受診して検査を受けましょう。
おりものの異常
おりものの色や、量や、においが気になるときは、細菌や真菌(カビ、カンジダ)の検査をします。
状況によって、性病のチェックもお勧めします。
性感染症(STD)
もし性病の不安や心配があれば、早くに受診しましょう。不妊の原因になることがあります。
更年期障害
更年期のトラブルで、日常の生活に差し障ることがあればご相談ください。
更年期障害の治療方法の選択肢が増えて、今までのホルモン剤とは違う治療もできます。
更年期ホルモンの検査の希望する方もご相談ください。
子宮がん検診
子宮頸がんは早期発見のできるがんです。
一年に一度の子宮がん検診と、超音波検査もお勧めします。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)のチェックもご希望があればご相談ください。
なお、当院は横浜市子宮がん検診も実施しております。
生理日の調整(月経移動)
ホルモン剤で生理の時期を調整できます。
旅行や試験などの都合で、生理をずらしたいときは、生理の予定日の1ヵ月くらい前に受診してください。
ピル処方
避妊の目的(OC)でも多く使われていますが、月経不順を整える目的で飲む方もいます。
生理痛(月経困難症)用の保険がきくお薬(LEP)が普及して、ピルを飲む患者さんはとても増えています。
いろいろな種類があるので、それぞれの患者さんに合ったピル(OCまたはLEP)を相談しましょう。
ピルの副作用として、確率は低いものの、血栓症が起こりやすくなるので、詳しい問診と定期的な検査が必要です。
避妊リング
避妊リング(避妊具、IUD)は子宮の中に入れておく小さいリングです。
ミレーナという黄体ホルモン付きの避妊リング(IUD)がよく使われています。
お産をされた方、40歳以上の方の避妊に向いています。
予防接種
当院では、麻疹風疹ワクチンを扱っています。
なお、当院は横浜市風しん対策事業協力医療機関です。
 

診療時間

 
9:30~13:30
15:00~
18時まで

19時まで

17時まで

19時まで

休診日:水曜日、祝祭日