不妊治療

不妊治療

方針イメージ

お子さんを望んで1年以上たつ方、また、少しでも早くにお子さんを望む方、結婚年齢が高めの方、検査だけをご希望の方も、ご相談をお受けします。

アモルクリニックには不妊カウンセラーもいますので、心配なこと、治療についての悩みもどうぞお気軽にご相談ください。

不妊検査(初めて不妊治療をする方へ)
まず基礎体温をつけていただき、ホルモン採血により、排卵の状態を確認します。
卵管造影検査(HSG)と精液検査は大切な検査ですので、なるべく早めに受けましょう。
他に、超音波検査、クラミジア抗体検査、AMH(抗ミュラー管ホルモン)、ビタミンD、抗精子抗体検査、ヒューナー検査があります。 また、子宮鏡検査は、患者さんの状況に合わせてお勧めします。
年齢に余裕があり、検査でも問題のない方は、ご希望に合わせてタイミング指導から始めることができます。
タイミング指導
排卵が近いころに受診していただき、超音波検査で卵胞の育った大きさを測り、排卵の時期を推定し、妊娠しやすい日を指定します。 自分で排卵日がわからない方にお勧めします。
排卵誘発剤(クロミッド、hMG製剤、FSH製剤、hCG製剤)
排卵の不安定な方、タイミング指導のみで妊娠しない方、人工授精や体外受精の際に使用します。 内服(飲み薬)と注射があります。 注射については、ゴナールエフの自己注射も使えますので、お仕事で忙しい方も治療を続けやすくなりました。ご自宅での操作もしやすく、痛みも大変少なく、患者さんに喜ばれています。
自然の排卵の前には、LHというホルモンが脳の下垂体から大量に出ます。タイミング指導や、下記の人工授精の周期では、卵が十分に育ったときにhCG製剤を注射して排卵を確実に起こして、高温期をサポートします。
人工授精(AIH)
排卵の直前に、ご主人に精液を採っていただき、胚培養士が調整してから、AIH専用の細いチューブを通して子宮の中に入れます。
EDなどの性交障害、セックスレスのカップル、男性因子のある方、タイミング指導で妊娠しない方にお勧めします。 適宜、排卵誘発剤と組み合わせて行います。
痛みはあまりありません。 副作用として、ごくまれに感染がありますので、予防のために抗生剤を処方します。
妊娠率は自然周期で数%、排卵誘発剤を使うと8~10%程度です。人工授精は、標準的には3~6回行いますが、患者さんの希望に応じます。 治療費は自費となります。
体外受精、顕微授精(IVF、ICSI)
卵巣で育てた卵を針で吸い取り、体外で精子と受精させて、受精卵を子宮に戻す治療です。
体外受精のときの排卵誘発法は、良い卵が育つように、それぞれの患者さんに合わせて選択します。
体外受精は、人工授精までの一般不妊治療で妊娠しない原因不明不妊の方、卵管因子、男性因子、子宮内膜症の場合にお勧めします。
顕微授精は、男性因子の大きいご夫婦、今までの治療で受精障害が疑われる方にお勧めします。
体外受精、顕微授精の費用は保険適応がないため、全額自費になります。収入に応じて、補助金助成(横浜市特定不妊治療費助成制度)を受けることができます。

診療時間

 
9:30~13:30
12:30まで

12:30まで
15:00~
18時まで

19時まで

17時まで

19時まで

休診日:水曜、祝祭日